融資を受けるためのポイントについて

銀行融資を受けるためには担保がポイント

画像
基本的に融資は誰でも受けることができます。正規雇用を受けていてある程度の年収があれば問題ありませんし、例えば、主婦や学生という場合でも審査条件さえクリアしてしまえば問題なくローンを受けることができます。 しかし、ローンを借り入れる方法として多少ポイントがあります。それは担保ローン、無担保ローンです。不動産を担保とすることで金利に関しても低く抑えられること、期間的にも長期の返済計画が立てられるなど、融資に関して非常に優遇されるというメリットがあります。 もちろん、返済しなければ担保は差し押さえられてしまいます。しかし、自分の不動産を持っていて、借金をきちんと返済できるという自信がある人は、無担保ローンよりも担保ローンを借りたほうが良いでしょう。なお、大口融資は大抵担保ローンです。

安心してお金を借りるために無料相談を受ける

さて、このように融資には様々なポイントがあります。しかし、普段から融資に接しているという人は少ないため、ほとんどの方は融資に関する知識を持っていないでしょう。 例えば、事業者向けローンや融資を検討している人の場合、大きな融資が必要となることがほとんどです。こういう場合はフリーローンではなく事業者向け(ビジネス)ローンの方が適しているということになります。特に担保を元にして借りるなどの方法も必要になってくるでしょう。 しかし、このような知識は普段から融資に関わっている人でなければわかりませんよね。そこで、商工会議所や自治体などでローンに関する相談会を行っています。さらには中小企業団体やNPOなどでも相談会が行われます。

金融ブラックの場合は原則借り入れができない

既に自己破産、債務整理の経験がある場合など、融資を受けることはできません。

また、滞納や返済忘れが多い場合も注意が必要です。例えば、クレジットカードの引き落としを忘れた場合なども「事故」として処理されてしまうため、将来的に融資を行う予定がある人の場合などは特に注意が必要です。 こういう場合は金融機関の間で注意が必要な人物として認知されます。この情報がいわゆるブラックリストというもので、消費者金融では貸付を断るケースもあります。そもそも審査を通さないというケースや、借り入れの制限など、様々な規制があります。 融資を受けられる環境を維持するためには、適切な返済が必須。クレジットカードは大丈夫と甘く見ないで、必ず返済時期は守りましょう。

おすすめの融資方法

融資の知識

画像
学生であることを利用して、融資してもらう
画像
主婦では融資の申し込みができないって本当?
画像
即日借入可能な層についての基礎知識について
画像
担保があるローンの組み方、仕組みについて